哀切のセクシーエイラ。

緊急ナーフ来ましたね。
発表後の翌日に修正というのは、ほんとに重い事態だったんでしょう。

公式のお知らせ
https://shadowverse.jp/news/important/news-0752

修正されるのは、絢爛のセクシーヴァンパイア、哀切の悪鬼、清純なる祈りエイラの3枚です。
まあ、復讐ヴァンパイアとエイラビショップはあきらかにパワーが飛び抜けてたし、ランクマも特にヴァンプは多かったので、仕方なしですね。ただ、少しずつ他クラスの研究も進んでヴァンプ1強環境ではなくなってたので、ナーフ無しもあるんじゃないかと思ってたんですが、さすがに許されませんでした。

■絢爛のセクシーヴァンパイア
手札に加わったらリーダーの最大体力値を10にするに変更。
セクシーヴァンパイアの良さがほぼ無くなりました。体力高い状態で序盤から復讐カードを強く使えるのが魅力だったのですが、引いただけで体力10+手札1枚消滅はさすがに使いたくないですね。まあ、1ターン目から復讐状態になれるカードは他にないので、序盤から強い動きしたいなら有りなのかもしれないですけど。これがアザゼルのようにダメージを3以下にする効果とか、最大体力ではなく現在値を10にするとかだったらまだ良かったかもしれません。以前の復讐ヴァンパイアが強かったのって回復もしっかりできた点ですし。
なんだか魔海の女王を思い出してしまいました。

■哀切の悪鬼
2コスト2/2から6コスト6/6に変更。
これも復讐ヴァンパイアを支えてたカードです。他のカードのコスト下げられるので、メドゥーサやカラミティなどのパワーカードを1ターン早く出す動きが強かったですね。これが2コストでできるので、他のカードとのくっつきも良かったです。これが6コストとなると、使い道としては8コストのカードを7ターン目に出す動きとか、細かいカードを下げて7ターン目以降に横並びの強い盤面作るとか、どうしても7ターン目以降になってしまうし、そもそも6ターン目に哀切1枚だけのプレイというのがあまり強くないので、これも採用されづらいカードになってしまいますね。

■清純なる祈りエイラ
2コスト2/2から3コスト3/4に変更。
エイラもちょっと暴れすぎたのでコストアップの調整ですね。2コストは他のカードとのくっつきも良いので、後攻4ターン目エイラを進化させた時に強い盤面を作れるのが魅力だったんですが、それができなくなりました。後半に出せばその動きも可能なんですけど、遅くなる分にはエイラは驚異ではないですしね。それでも進化で3コストアミュレットを出す動きは強いので、そこまで響く修正ではなさそうです。

以上3枚ですが、私的にはユリウス、クルトに調整入ると思ってたので意外でした。セクシーは4ターン目以降とか制限つけるだけでも良かった気がします。哀切も3コスト2/2とか。なんだか調整が極端だな~って印象かしら。価値100を価値0にする調整というか。できれば少しの弱体化にしておいて、使われてないクラスを上方修正するとかの方が良い気もします。

まあ、今回は緊急なので、ここから2週間ほど環境見て、月末に調整入りそうですよね。
復讐ヴァンプはだいぶ減ると思うので、次はどのデッキが暴れるのか楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。