OOTローテ杯Vol.2

十禍絶傑のローテ杯Vol.2が開催されてますね。

ヴァンプ使って5勝して、とりあえずAグループ進出です。

デッキの中身はこんな感じなんですが

姦淫の信者は1枚にした方がいいのか、それともいらないのか悩み中。もちろん先1で置ければ自傷稼げるし、5ターン目などにコスト2、2で動くときの隙間に入れられるので役に立つ場面はある。ただそれよりもドローソースが最重要なので純真を3枚にした方がいいのかもしれません。が、結局ヴァーナレクの有無が勝敗大きく左右しますね。

前回のアンリミ杯は結局決勝にはいけなかったので今回はいけたらいいな。
まあ、気負わずまったりやりましょ(*´-`*)

【2pick・エルフ】久々に5勝できました!【OOT】

OOT環境の2pickエルフで久々に5勝できました。と言っても1試合は相手の通信状況が悪く勝ちを頂いた感じなのですが、それでも全勝は嬉しいのです(*´-`*)

ちなみにデッキはこんな感じ。

なんというか、めっちゃ強い!ってカードがないですね。異形の疾走6点は頼りにしたいところですが、あとはしっかり盤面作っていかないと厳しい感じ。ウィスパラーと森荒らしが2枚ずつ取れてるのは大きいですね。やはりエルフはこの2枚でしょう。不殺の刻印、森の囁きも大型フォロワー相手に有効なので、タイミングみて使いたいですね。

ということで、5戦したうちの3戦リプレイ。すべてロイヤル戦。ほんとロイヤル多すぎ、強すぎ、簒奪しすぎ、先導しすぎ。
1戦目はありえないミスしたので自戒の念を込めて。2戦目は良く勝てたなという試合。3戦目はエルフのパワーを見ました。

2pick5戦全勝はこれで10回目ですね。まだまだヒヨっ子なので精進したいと思います。

宝箱キャンペーンとナーフ後環境

またまたやってきましたシャドバ宝箱キャンペーン。対戦前に宝箱が出てバトルに勝利すると中身もらえるというお得なやつです。

毎回限定のエンブレム、スリーブが入ってるのですが、今回はユリアスさんということでぜひともほしい。ということでがんばりました(*´ω`*)

かっこいいですね(゚∀゚)
まあ、リーダースキンはダクジェネ子になってるので最近は出番ないですけど、そろそろ初期キャラのバージョン違いリーダースキンもほしいと思うのです。スーツ姿のヴァンパイア諏訪部さんやドラゴン杉田さんが観たいなー(*´Д`*)

大量カード調整後の新環境はネクロ、ヴァンプ、ビショップ、ネメシスをよく見かけますね。特にネクロは多い感じかしら。あとはギガキマウィッチもちらほら。エルフ、ドラゴン、ロイヤルもみるんですが、たいていマゼルベインだったりします。

私はヴァンプ、ネクロ使いながら様子みてるんですが、ブローディアの上方修正でヴァンプ厳しくなりそうかな~っと思ってたんですけど、そんなことなかったですね。むしろヴァンプにとってビショはメタ対象な気がします。

5連勝を2回くらいできたので、ヴァンプはしばらく戦えそう。でもMPは増えてない( ;´-`)
ちなみにデッキはこんな感じ。

基本的な感じかと思います。
とにかく大事なのはドローソースだと再確認しました。純真3枚にしようか悩み中。デッキ枠がほんと足りないですね。そして勝つ試合は常にヴァーナレクが良い動きしてくれます。姦淫の翼も顔打点への一押し、自傷稼ぎ、回復と器用に使えるので強いですね。

新環境まだまだ落ち着かなさそうなので、しばらくいろんなデッキ試してみようと思います。

老いたる騎士王と侯爵達は闇を喰らって侮り沈む。神の樹と盾が世界を包む。

シャドバ、カード調整きましたね。めっちゃ大量です。

公式のお知らせ
https://shadowverse.jp/news/important/news-0518

下方修正6枚、上方修正2枚、計8枚です。

下方修正

■グレモリー
エンハンスが6から7に変更。
前回アンリミで制限受けたカードがさらに調整されました。それだけこのカードのパワーが高いということでしょう。6ターン目に盤面全員進化+ドロー付与は5ターン目のケルベロスとも相性良くてなかなか止められないですしね。エンハンス7になったことによってテンポロスになるので、ネクロにとっては痛手です。それでも効果自体が変わるわけではないので引き続き採用はされそうです。私的にネクロマンスを消費しないのが問題な気もするので、ネクロマンス6消費とかで良かった気もします。

■老いたる先導者
エンハンス時のスティールナイトがヘヴィーナイトに変更。
構築はあまり見ないんですが、2pickだと最強のパワーをほこるブロンズカードですね。なんで7コストで、2/3と2/2が3体並ぶのか謎でした。出すユニットがヘヴィーナイト1/2になったことでパワー自体は下がるのですが、1枚で4体のフォロワーを出せるカードは2pickでは引き続き猛威を振るうと思います。

■騎士王アーサー
コストが7から8に、スタッツが2/6から3/7に変更。
ロイヤルを支えるカードに調整が入りましたね。たしかにロイヤル多かったのでこの調整は妥当かもしれません。アーサーが8ターン目以降になったことで、レイサム、ドラゴンナイツ、白黒、スカイフォートレスといった8ターン目に使いたいカードとの連携がとりづらくなりますね。まあ、ロイヤル自体がわりとロングゲームを戦えるリーダーなので、採用はされ続けると思いますが、隙にはなりそうです。

■侮蔑の絶傑・ガルミーユ
1ターンに1回しかダメージが飛ばないようになりました。
さすがに何回もダメージが飛ぶのはやりすぎましたね。侮蔑自傷と合わせると6点とか9点とか平気で顔飛んできて、あげく盤面も処理されるというバランスブレイカーカードでした。1回しか起動しなくなれば、リーサルダメージが出るかどうかも予想しやすいので驚異レベルは下がります。それでも守護無視の顔3点は強いし、エンハンス7で進化する効果は残ってるので、採用され続けるカードだと思います。

■フラウロス
直接召喚が3ターン目以降しか働かなくなりました。
闇喰らいヴァンプを支えてた直接召喚カードが修正されましたね。0コスト自傷や1コスト、2コストで攻撃時自傷があるヴァンプにとって、2ターン目とかで4回自傷はわりと達成されやすく、それだけで勝負が決まってしまうような場面もありました。3ターン目でも驚異ではあるんですが、3コストでのダメージ3は比較的出しやすくフラウロスに殴られて終わるというようなゲームは少なくなるかと思います。

■闇喰らいの蝙蝠
コストが7から8に変更。
さすがに暴れすぎましたね。7ターン目に普通にリーダー10点とか出ますしね。カードの効果自体は変わってないので、闇喰らい蝙蝠のデッキタイプは残ると思うんですが、後述の上方修正カードの影響で数は少なくなりそうです。

上方修正

■ユグドラシル
コストが7から6に変更。
今期のエルフの不遇を救うためでしょうか。ユグドラシルさんに調整が入りました。カード自体のパワーは高かったのですが、コストが7ということで、他クラスの強力な7コストと比べるとやや見劣りする感じでした。しかし今回アーサーや闇喰らいといった強カードが8コストになり、このカードが6コストになったことで十分通用するカードになると思います。ドレインつきで、体力が高いのが偉く、手に入るトークンカードも優秀なので、エルフの軸になってくれるかもしれません。

■ブローディア
コストが8から7に変更。
ビショップの守りが厚くなりました。今でもレフィーエ、ヘブンリーナイトの強力守護に、豊富な回復で堅かったのが、より強化された感じですね。主な役割は顔へのダメージを軽減してくれることだと思うのですが、現環境だと闇喰らいに間に合わなかったんですよね。さすがにそれでは意味がないと。今回の修正で闇喰らいが8コストになったことで、後攻でも間に合うようになるので、対ヴァンプはほぼ負けなくなるのではないでしょうか。6レフィーエ、7ブローディア、8ラピスとかされた日には、どのクラスでも勝つのが難しくなりそうです。

以上8枚一気に変わりましたね。
まあ、今猛威を振るってるロイヤル、ドラゴン、ヴァンプ、ネクロを下げて、使われにくいエルフ、ビショップを上げるのは妥当な気がします。注目したいのは、さわられなかったネメシスとウィッチ。上位クラスのダウンで戦いやすくなるかとおもいきや、ウィッチもネメシスもビショップに厳しくなりそうですね。

環境変わったらビショップ中心にまわりそうな気がしてますが、一強できればメタがまわるので、またおもしろくなりそうです。
ま、ドキドキしつつ新環境を待ちましょう(*´ω`*)

【ローテ・ドラゴン】ジャバウォックwithスットゥングさん

悪夢のジャバウォックさんを引いたのでデッキ組んでみました。

ジャバウォックのギミックを起動させるためにフォロワーの最低コストを4に設定。採用したのはドラゴンウォーリア、炎竜の使役者、グリフォンの守衛。低コストは除去のために炎爪、熾天使、誓いの一撃採用。ジャバウォックだけでは押しが足りないので、ゾーイ、アジダハーカの大型疾走採用です。ジャバウォック自体は攻撃できないので、盤面の圧をかけるためにポセイドン竜の峡谷、そして多面処理のできるガルミーユさん採用です。除去、ドローにも器用に対応できるガルア、アドラメルク採用。そして、ロングゲームになりそうなので、厄介なアミュレット(主にリーシェナ、セラフ)を消せるスットゥングさん採用。

で、試しに1戦やってみたのですが、いきなりリーシェナネメシスと当たってびっくり。

かなりの死闘でした。

まあ、ランクマ向きじゃないかなつ´Д`)つ