さよなら、私の「樂園」イベントと「楽園の陰」、そして召集。

白夜極光のイベント『さよなら、私の「樂園」』やってみました。

影ノ街のお話なんですが、終始暗くて切なかったですね(;ω;)

今回のメインはワタリさん。

イスタバンさんから、連続殺人事件を調べるように言われて、主人公とユーフォリアという街に向かいます。
ユーフォリアは以前に暗鬼によって壊滅してて、影ノ街の支配が及ばない土地になってます。

ユーフォリアに向かう途中に出会った修道女のアニーさん。
ちょっと訳ありな感じ。

で、ユーフォリアに到着するんですが、そこは無法な組織の集まりになってて。
現地の情報屋の協力も得て調査を進めていくと、レイヴンズ・ブラッドという2人組の組織にたどり着きます。

ポルクスさんとキャスタさん。今回のお話のキーになる2人ですね。
で、ポルクスさんが連続殺人事件の手口と同じ殺法を使えるということで、容疑者認定。でも、いろいろと事情があり、組織同士の抗争もありながら、お話は二転三転。
最後は意外な人物へたどり着くんですが、後半の、どんどん真相が明らかになっていく流れは背筋ゾワゾワしてちょっと怖かったですね。なんか救われない感じというか。

物語の一端が見られるポルクスさんの過去。

なんかもうね。過去回想も含めてつらいです。親友殺しのところとか、想像するだけでえぐいです。
さすが影ノ街のイベントというところでしょうか。R・Wや白夜城のイベントはあんなに賑やかだったのにね。
まあでも、メリハリあってこういうお話も良いかな。

ノーマル全12ステージ+ストーリー4話。
さくっと読めるお話なんですが、前述の通り陰鬱な雰囲気なので、読み進めるのに少しパワーが必要かしら。
そもそも牽引役のワタリさんがクール系ですしね( ;´-`)

そして、高難易度の「楽園の陰」も解放されたので、やってみたんですが、

無事ベリーハードまでコンプできました(*´-`*)

SH-6は能動技に対する反撃がきついんですが、しっかり回復しながら戦えば大丈夫ですね。

ノーヴィオさんが大活躍してくれました。

どちらかというと、SH3とSH4の方がきつかったかしら。
なんか被ダメ大きくて何回か全滅したんですよね。敵の攻撃範囲をしっかり確認するのが大事かも。

あと召集!

今回のピックアップはレイヴンズ・ブラッドのお二人。
ポルクスさんが★6でキャスタさんが★5ですね。

あまり深追いはしたくないな~って思いながらまわしてみたら、20連目でオレンジの光確認!

からの!

ポルクスさんが出てくれましたーーヽ(*´▽`*)ノ
勢力は無勢力者なんですね。てっきり影ノ街かと思ってました。

キャスタさんもしっかりゲットできたので大満足です(*´ω`*)

ポルクスさんは雷属性のチェンジャーなのでわりと欲しかったキャラ。チェンジ方法は少しクセがあるのですが、連鎖技も殲滅力高そうなので、雷パーティのメイン張れるくらい育成がんばってみようと思います。

ということで、次のイベントも楽しみに待ちたいと思います(*´∀`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。