漆黒の血脈は、煌々と。後編。

バベル戦記「漆黒の血脈は、煌々と」の後編が配信されましたね。
6~10話+エクストラなんですが、とりあえず10話までやりました。

前編が、ザハルとシャドウメサイヤの成り立ち的なお話だったのに対して、後編はそこに集ったメンバーとザハル、ニグル、レティシアがどうなっていったのかのお話でした。

ちなみに10話マップ

すべてのクエストを通してなんですが、とにかくザハルを前に出さない、これに尽きますね。
かっこいい活躍をさせたいところなんですが、攻撃力は高いものの、防御が紙すぎます。
不本意かもしれませんが、後ろで回復アイテム使ってくれる方が安定します。
敵はこちらが範囲内に入らなければ動いてこないので、1~2体ずつ釣って慎重に動いた方がいいですね。
属性有利を活かしてユニットをぶつければ全員生存クリアできると思います。

時代的にもお話的にも聖石の追憶とだいぶリンクするので、どちらもしっかり進めた方がいいですね。

仕方のないことですが、物語全体が儚いというか、虚ろというか、とても心が締め付けられる感じですね。いつか全員が笑いあえる日がくればいいのになと思いますつ´Д`)つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。