スマホゲーやってて思うこと。

スマホゲーって言っても、カジュアルなものから、RPG、パズル、音ゲー、TCGなどいろいろあると思うのですが、最近思うのは、スマホらしいゲームが一番ということですね。

いつでもどこでもできる、というのは最大の売りではあると思うのですが、思考のない収集ゲーをしてもしょうがないわけで。

たぶんこれまでのゲーム機が辿ってきた歴史と同じだと思うのですが、初期はアクションやパズルが多かったものの、最近はRPGがほんと多いですね。

RPG好きの私としては当然手を出すんですが、多少戦略性はあるものの、大抵ボタン連打かオートで終わってしまうものがほとんどです。
ゲーム起動から終了まで、ほぼ思考することなく終わってしまいます。
頭悩ますのは育成方針くらいかしら。
最近ずっとサガSGをやってるせいで、比較して余計そう思うのかもしれません。

スマホなので、手軽さとか、サクサク感とか、操作性とかを優先しないといけないので、どうしてもそうなってしまうのでしょうが、このへんは制作側のジレンマかもしれませんね。
もっと奥深いものを作りたいのかも。
それなら、Vitaなどの携帯機の方が良いと思うのだけど、たぶんスマホの方が(コアではない)ユーザー数は確保できると思うので、スマホで出したいというのも納得できます。
まあ、結果、中途半端なものが多いという印象なのですが。

なので、スマホのRPGで長く続けてるものってなかなか無いですね。
逆に長く続いてるものは、中途半端感を超えた何かがあるんだと思います。
もちろん、私個人の中でだとは思いますが。
タガタメ、セブンナイツなどは今でも楽しいですね。

ということで、RPGなど本来どっしりと腰を据えてやるゲームはSwitchとかPS4とかにまかせておけば良いわけで、スマホは、スマホでやった時に手になじむゲームをやった方が良いと思うわけです。
これは、据え置き機と比較しても操作性、爽快感、バランスなどが損なわれないもの、それ以上の価値があるものだと思うのですが、パズルTCGがそのあたりになってくるのかなと思います。
モンストやぷよクエはスマホだから楽しめてるのかと。

まあ、なんだかんだ書きましたけど、スマホRPGも新しいの出たらやるんですけどね( ;・∀・)
なんと言っても手軽だし、いつでも始められるし。
ただ長くは続かない場合が多いというだけで。

以上、ぐだぐだとスマホゲーについて思う事を書いてきましたが、まあ、一介のゲーム好きの他愛のない戯言ということで。
このゲームあふれる環境で、全部を楽しむことは無理だと思うので、自分にあった、手になじむゲームをやっていきたいですね(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。