冥弩メメント&ロイド

十戒衆イベント、冥弩メメント&ロイドです。
これで完結ということで、最後に残ったアハトさんの物語ですね。

アハトになる前のアムさんと、謎の男ジェスターさんを中心にお話は進んでいきます。なんかもう、最初から救われないというか。他の十戒衆は一時でも平穏な時代があったのに対して、アハトさんはどん底すぎますね。

そして新キャラのジェスターさん。

だいぶ狂気に満ちてますが、これが空いてた6番目みたいです。
0ソル、1アインツ、2ツヴァイ、3ドライ、4フィーア、5フューリー、6ゼクス、7ズィーヴァ、8アハト、9ノイン、10ゼンで全員揃うわけです。まあ、全員が完全に揃うことはないんですが。しかしなんでドイツ語なんでしょうね。

しかし、ほんと、今回もそうなんですが、話が長い!長すぎます!
とても良いお話だと思います。魅力的なキャラが多いし、それを活かせる物語の展開だと思うんですけど、真意をはぐらかしすぎ、まわりくどい書き方をしすぎ、その上で、ゲーム内ですべての事を描ききろうと詰め込んでるので、これでもかってくらい後半だれてきます。

そして、長いお話の間でちょこっと挟まれる強制出撃バトル。もう本編はバトル無しで良くない?って思っちゃいました。小説にバトルは不要だと思います。会話劇だから舞台風なものを目指してるのかもしれないですけど、いっそ、ノベル風にして一気に読ませるモードを作った方が良い気がしてます。そして本編はあらすじがわかる簡単なものを用意するとか。
スキップしてもいいんですが、お話の流れは追いたいので、なんとかもう少しコンパクトにまとめてもらえればなって思いました。
愚痴こぼして申し訳ないです。

とりあえずエクストラまでミッションコンプしました。

特に苦労はなかったかしら。
直近のKOFに比べれば、極端に被ダメが大きいクエストもなくて、ミッション達成しやすかったですね。

あと、ボスバトルもやってみました。
が、今回はハード1発オートクリアは無理そうな気がしてます。

ボスの巨大ガーゴイルさんなんですが、刺突耐性ダウン、斬撃、打撃、射撃、跳躍耐性アップとなってます。
あれ?魔法耐性は普通?と油断しがちなんですが、魔法は回避されます。おそらく完全回避だと思います。魔法依存の刺突攻撃も回避されたので、区分というわけではなく、魔法依存の全スキル回避っぽいですね。

つまり、物理系刺突攻撃で攻めろってことなんですが、うち適正いませんでした(;∀;)
そもそも刺突系ユニットが少ない気がするのよね。サブジョブで槍将とかドラゴンナイトとかもってるクロエさんやスピカさんをジョブチェンジさせてもダメージ伸びなかったので、今回はあきらめようと思います。
1回で8割くらいは削れるんですけどねぇ・・・。

そして今回の報酬はアハトさんの専用ジョブ、七闘戒師です。

素早さ、器用さが攻撃に影響して、このステータスは良いですね。
物理攻撃と素早さがもうちょっと欲しいですが、アハトさんってステータスの見た目以上にダメージ出すんですよね。スキル自体が強いのかしら。
HPも1万超えてるし、風属性の攻防バランスのとれたアタッカーとして活躍してくれそうです。

あとは、こつこつイベント周回していこうと思います。
ということで、十戒衆イベントおつかれさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。