嫉妬が胸を灼こうとも・前編

神ガ選ばぬ革命をシリーズも5章まできましたね。
嫉妬が胸を灼こうとも・前編です。

これまで暴食、色欲、怠惰とまわってきて、一旦落ち着きを見せたんですが、

ニムルさんは罪獣の存在に疑問を持ち始めつつ、さらに円環の蛇を調べるため、他の罪域へ。

今回は嫉妬の罪域を中心にお話が展開するみたいです。

嫉妬罪域のダフネさんとニカイアさん。

一見平和そうに見えるんですが、隣の罪域とトラブル中。

まあ、嫉妬とくれば憤怒ですね。

隣りとはいえ不可侵だった罪域同士が突然繋がってしまって、なんだかんだで戦争状態になってるみたいです。

そこにニムルたちも巻き込まれていくんですが、果たしてどうなるやら、って感じですね。

ちなみに憤怒罪域側のキャラ、アンデクスさんがめっちゃかっこいい(*´-`*)

おそらく後編で実装されそうな感じ。
出たら確実にゲットしたいですね。
今から幻晶石ためとこうかしら。

とりあえずエクストラまでミッションコンプしたんですが、なんか難易度上がってる気がしました。
まあ、刻印、真理開眼でキャラの強さが全体的に上がってるので、当然と言えば当然なのですが。

私的に一番イヤだったのはステージ3

敵が多い上に全員速い。そしてジャンプしまくるので、「4体同時撃破」が難しい。カウンタースキルをつけてると不用意に倒しちゃうので外しておいて、かつ、ジャンプした敵が下りてきて密集したところを一網打尽作戦で。

ただ、それをしても、敵の火力が高くて「全員生存」が達成できなかったりして、だいぶしんどかったです。
ほんと、敵の念動師系と拳聖系には注意ですね。

ガチャも引いてみたんですが、ダフネさん出なかったので、適当に報酬回収していこうかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。