災厄の屍王に忠誠を誓う。

シャドバ、カード修正きましたね。
今回は初の上方修正です。

公式のお知らせ
https://shadowverse.jp/news/important/news-0376

呪われた忠誠災厄の屍王ですね。
ツイッターにも書きましたけど、いろんなクラスを見かける良環境なので、修正無しかなと思ってたんですが、使われにくいクラスを上げてくるのは予想外でした。
これで今後のカード調整でも上方修正がある可能性が出てきましたし、埋もれてた資産で新しくデッキ作れるのは嬉しいことなので、希望に胸ふくらみますね(*´ω`*)

で、修正の中身なんですが、

呪われた忠誠
コストが2に変更。
今までコスト3だったんですが、より使いやすく2に変更されました。これで凌げる盤面も出てきそうなので、よい調整かなと思います。序盤に出てくる高スタッツのフォロワーを除去したいですね。特にビショップの亀とか。中盤でも、低コストで打てるので活躍する場面はありそうです。

災厄の屍王
攻撃力が進化前、進化後ともに5に変更。ネクロマンス発動条件が4に変更。
こちらもより使いやすくなりました。攻撃力が上がったことで、場に残った際に、相手のフォロワーを確実に取れる可能性が出てきますし、顔面来られると厄介なので、相手は必ず処理にまわってくれてリソース割いてくれると思うので、そうなればこちらが有利に動けるようになります。
ネクロマンス4は4ターン目以降ならよほどのことがない限り貯まってますし、実質4コスト踏み倒せるので盤面優位作っていけそうですね。

ということで、この2枚が入ったデッキをお試しで組んでみました。

ミッドレンジネクロですね。
4ターン目に、2コスト2枚で動けて2面処理できるように骸の代弁者を採用。状況によってゾンパ、ベレヌスと使い分けですね。呪われた忠誠の良いところは相手のスタッツ関係なく除去できるところ。上述しましたけどビショップの亀は許してはいけない。
ゴブリン採用は、1コストが有用な場面もあることも考えて。条件なしで3コスト確定除去できるので入れる意味はあるのかなと。貴公子の弾にもなりますし。
4ターン目攻めてるいてかつ盤面形成できてるなら骨の貴公子、できていないなら屍王かしら。6ターン目以降は全体除去を意識してオディール、死滅の霧ヘクター大王アイシャで削っていく流れですね。

まあ、屍王がどう作用するかわからないですし、ひょっとしたらゴブリンいらないかもしれないですし、アミュ破壊入れた方がいいかもしれません。そのへんは実際やってみて調整ですね。

明日からの環境がまた楽しみです(*´-`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。