水竜神とカラボスは破魂と一緒に天界への階段から飛ぶわよっ!

2017年11月期のナーフ情報出ましたね。

■公式のお知らせ
https://shadowverse.jp/news/important/news-0270

今回の対象は5枚です。

水龍神の巫女、カラボス、破魂の少女、次元の超越、天界への階段。

わりと予想外なところを調整してきた印象です。
マジックオウル、水竜神、階段はありそうかと思ってたんですが、まさかのカラボス、破魂でした。

水竜神の巫女のスタッツが4/5から3/4に引き下げ。
まあ、これはずっと問題視されてましたから良い調整だと思います。
体力7ってほんと倒せないのよね。
水竜神の巫女の役割って、PPブーストと3点回復だと思うので、生き残れれば確かに良いのですが、場残りすることが最重要ではないので、これからもドラゴンデッキの軸になると思います。

カラボスのスタッツが6/6から5/5に引き下げ。
こちらもスタッツの変更ですね。
たしかに6ターン目進化後8/8は取りづらかったですから、少しでも返せる見込みがあるというのは良いことだと思います。
ただ、意外でした。
PPが増えないという十分なデメリットもありますし、対策できないわけではないので。

破魂の少女のスタッツが2/2から2/1に引き下げ。
またまたスタッツの変更です。
体力が1になったことで、いろんなカードで取られやすくなりました。
ただ、これも意外なナーフで、ネクロマンス4消費の対価は払っているし、現状のままで適正だと思うのです。
場残りを意識したいカードでは無いですし、特に影響は無さそうです。

次元の超越のコストが18から20に変更。
やはり超越はナーフされますよね。
めっちゃ流行りましたし、マジックオウルの影響でだいたい6~7ターンで超越できるようになるので、キマイラなどのフォロワーと組み合わせてアグロにも勝ちやすい無敵状態になってましたから。
ただ、私の予想では、超越自体には触らないんじゃないかと思ってました。
だって長い間18コストで問題なかったですし、もし超越が強くなったのだとしたら、追加されたカードの方を見直すと思っていたので。
まあ、でも1ターンくらいは遅くなると思うので、私のコントロール土ウィッチでもワンチャンあるかもしれない( ;´-`)

天界への階段のコストが1から2に、カウントダウンが7から6に変更。
コストが1増えて、カウントダウンが1減ってるので、性能はほぼ変わらないと思います。
エンハンスもそのまま5で、カウントダウンを6進めるので、これまで通りの使い方ができますし。
問題視されてたのは、コストが1で1ターン目に置けることだったので、良い調整になるんじゃないかと思います。

以上、5枚ですが、水竜神、階段は納得、カラボス、破魂、超越はちょっと疑問ですね。
まあ、ナーフ後環境開けてみてからのお楽しみということで。
どんな理由にせよ、環境動いてカオス状態になるのはワクワクドキドキなのです(*´ω`*)

しかし、今回もイージスは無かったな~。
イージス8コストでいいから消滅変化系効くようにしてほしいつ´Д`)つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。