やはりへクターさんナーフですか。

シャドバナーフ来ますね。

■公式サイトのお知らせ
https://shadowverse.jp/news/important/news-0221

へクター、豪拳の用心棒、緋色の剣士、プリスの4枚です。
へクターは散々言われてたので納得ですが、他の3枚はそこまで気にしていなかったので、少しだけビックリです。
どれも強いカードではあるんですが、理不尽かと言われればそうでもないので。

◆へクター
ネクロマンス8でゾンビ2体を出し、他フォロワーの攻撃力を+2して突進を持たせる、に変更と。
これはこちらがフォロワーを大量展開していた場合に、理不尽な返され方をされなくなったので私的には良い調整かと思います。
きちんと盤面処理さえしてれば、7ターン目以降におびえる必要は一切なくなるので。
今後の使い方としては、ヴァルフリートや、シンシアのような横並び展開後のバフ要員のような感じですね。
ネクロマンサーは横展開もしやすいので、これでも十分強いカードであることには変わりないです。

◆豪拳の用心棒
コストが5に変更。
うーん、べつに4コストでも良かった気がします。
4コストで2アクション、または2フォロワー出すなどのカードは他にもいっぱいありますし、リーダーダメージ2の代償は払ってるのでナーフの必要は無かったんじゃないかなと。
どちらかというと進化後の攻撃体力を1ずつ下げるとかの方が良かったかも。

◆緋色の剣士
2点ダメージがリーダーに飛ばなくなりました。
まあ、これは良いんじゃないでしょうか。
WLD以降、なぜかリーダーにダメージ飛ばせるフォロワーが増えた気がしてるので、そこらへんも一気に修正しても良い気がします。
ブリキとか、若レヴィとか、ヘクトルとか、ウロボロスとか、天輪とか、特ににガルラとか。
コンボではなく、フォロワー自身が出す特殊ダメージは全部盤面で良い気がします。
盤面の攻防熱い方が楽しいし。

◆プリス
エンハンスの効果が無くなりました。
うーん、別にエンハンスの効果はそのままで良かった気がします。
進化権なくても進化できるフォロワーはたくさんいますし。
プリスが問題なのは、進化後疾走がつくことだと思います。
緋色の剣士のリーダーダメージもそうですが、直接ダメージを与える手段があるからアグロが流行るわけで、疾走つかなければ、対処できるんです。
同じ理由でヴァンパイアのエメラダも疾走ではなく突進くらいにしてほしいですね。

というわけで、私的には、へクター、緋色は納得、豪拳、プリスは疑問って感じです。
でも、正直、へクターも緋色もそこまで脅威や理不尽さは感じないので別にナーフ無くても良かったんじゃないかと思います。

だが、イージス、あんたはダメだ(`・ω・´)
せめてスタッツ5/5にしてほしいな。

“やはりへクターさんナーフですか。” への 2 件のフィードバック

  1. シャドバ最近やってないですがウィッチ使いなのでプリスの弱体化はショック(゚´ω`゚)゚。ピー
    土アグロの構想は以前からあったので、目新しさを感じたプリスがWLDの一番の目玉でした。

    イージスはどうしてもあの効果を変更しないというのであれば、せめてスタッツかコスト変えてくれないと理不尽すぎますね。
    テミスなど自分のカードで破壊されるようになるだけでも相当変わるってぐらい、ありえないほど強い!

    レジェンドナーフの聖域に手を出し始めたみたいので、過去のレジェンドも順次ナーフされていくことに期待です。

    1. プリスはかわいいし強いし、ウィッチ使いの頼れるカードですよね(*´ω`*)
      弱体化はされますけど、生き残りそうな予感も少しします。

      イージスは消滅変化系が効いてくれればいいんですけどね・・・。
      次環境取るような事があればナーフされるかしら。

      スタンダード期の不遇なレジェンドは上方修正ほしいですね~(*´ェ`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。