Gwentやってみた!

デジタルカードゲーム「Gwent」がちらほらツイッターで流れてきたので、気になってやってみました。

世界観は中世ファンタジーですね(*´-`*)ヨイ
全体的にシブい趣のある絵柄でわりと好きです。

ゲームの内容は、戦力合戦ですね。

最大3ラウンド戦って、先に2本取った方が勝ちです。
1ラウンドごとの勝敗は、戦力の合計が多い方が勝利となります。

カードは基本的に1ターンに1枚しか出せません。
各ユニットは出せるレーンが決まっています。
ユニットのほかに強化系、ダメージ系、場に影響を与えるスペシャルカードがあるので、相手の範囲攻撃を散らすために異なるレーンに配置したり、効率よく強化するために同じレーンに置いたりするなど、戦略が大事になるみたいです。

あと重要なのがパスですね。
パスするとそのラウンドは一切プレイできなくなります。
つまり、自分の戦力の方が低い状態でパスすると確定負けになるわけです。

で、この負けるというのがとても重要で。
このゲーム、手札は1ラウンドに2枚しか補充されません。
つまりどんどんカードを出していくといずれ尽きるのです。

1戦目に強いカードばかり投入して勝利しても、2戦目、3戦目で弱い手札ばかり残れば負けは確実です。
逆にわざと負けるラウンドを作り、相手に手札を消費させておいてこちらは温存し、残り2つのラウンドで勝利するのが一番進めやすいやり方だと思います。

なので、そのへんを理解してないと3戦目の手札とか完全お通夜モードになるわけで。

トータルでなんとか勝利できたのですが、

手札管理が全然できてない尻すぼみな戦いになりました。

リーダーはいくつかあるみたいですが、スコイア=テルを使ってます。
というのも、アバターを、声が細谷さんだったのでイオルヴェスというキャラに設定したのですが、これがスコイア=テルのキャラだったので、合わせた感じですね。

ドワーフエルフがたくさんいて、その2種族で作用するアビリティ持ちが多いみたいで、連携していくような動きが強いのかしら?

アビリティの発動条件も、対象にならないキャラいたり、効果が発動しなかったりよくわからない状態ですが、まだちょっと触っただけなので、これからいろいろ試していきたいと思います(*´-`*)

■Gwent公式サイト
https://www.playgwent.com/ja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。